• ようやく暑くなってきましたね。昨年の夏に、熱帯植物園の温室でヒントを得て散水タイマーと、ミストシャワーを組み合わせて朝6時と、13時時から2時間の間シャワーを毎日かける事にしました。5/31日から開始しまして、梅雨の時期も止めずに散水していました。6月過ぎてから、気温も高くなりミストを浴びる植物たちの成長が、顕著になってきました。■コショウ今までにない大きさの葉が出始めました。以前より良い環境になった... 続きを読む
  • 梅雨の時期がやってきて、ムシムシしますが植物にとっては、ぐんぐんと伸びる時期ですね。最近は農薬を使わず、肥料を使わず地力だけで収穫できる野菜に興味が出てきました。重宝しているのは、この2つの野菜です。金時草は関東で霜よけできる場所であれば越冬できますので、毎年植え替えする必要が無く手もかけずに、毎年収穫できます。虫もほぼ付きません。フダンソウは、夏の暑さにも強く越冬も出来ます。比較的虫も食べません... 続きを読む
  • 関東は6月8日頃、梅雨入り宣言が出てしとしとと雨が降る季節になりました。常時湿度が高い環境になりましたが、ミストシャワーは継続してかけています。今回初めての試みであるミストシャワーは、写真に写っているコーヒーノキ、イランイランに良い影響を与えている様で、以前の同時期に比べて成長が早く感じます。次の写真の矢印が、コショウです。ラッピング保護を外しましたら、日光に当たっている状況ですがカビ臭がしました... 続きを読む
  • 露地植え無保護越冬するバナナ群の他に、耐寒性の少ない、または耐寒性が無いバナナの栽培も継続しています。ようやく、外の光にも慣れてきましたので本日早朝に、鉢植えバナナを露地植えいたしました。年を追うごとに、春の強風はなかなかやまなくなっているように感じています。そのため、外だししたバナナの葉を支柱で補っても、突風のために折れてしまいます。【強風、突風で耐えられず折れた、Pisang Lilin の葉柄】今日でほ... 続きを読む
  • 特にコショウなどは、朝露や湿度が高い環境を好むので、今年度は新たにミストシャワーを導入して、梅雨の時期以外の湿度確保に努めようと思います。ミスト de クールシャワー高さが、噴霧角度が調節できる優れものです。これに、簡易散水タイマーを接続。これは、スタート後120分の範囲で持続設定ができるものです。任意の時間から、任意の時間に散水する製品もありますが少々お高くなるのでこの程度で良しとしました。この様に、... 続きを読む

バナナんぼ

東関東の小さなベランダでバナナ育成の可能性を追求しています