• 暖かくなったら大気が不安定になり強風になる。春はバナナ葉にとっては、過酷な季節。だけど超矮性バナナは背が低いこともあり強風の影響をほとんど受けません。今回は、超矮性バナナの現状をお伝えします。これらの超矮性バナナは Cavendish系と考えられるので、耐寒性は無いと想定した越冬方法と採らないと、枯らせないで春まで持たせるのが難しいと思います。■ドワーフ・モンキー暖かい所でヌクヌクのはずだったのですが、越冬終... 続きを読む
  • 4月20~4月23日の最低気温は、7度が3日、5度が1日もありました。バナナもそうですが、外に出した他の熱帯植物も厳しい日が続きました。なかなか平均気温が15度を越さない昨今ですが、ここ当地では、そろそろ最低気温が15度以上、最高気温が20度を越してきそうです。そんな折りですが、現在のバナナんぼの庭で育成しているバナナの状況です。・Jhapari新葉の葉身長は昨年で一番長かった葉身長(34cm)を、越冬中2回... 続きを読む
  • 今年の初春にバナナ苗を輸入しました。Cavendish系のバナナなので耐寒性は無いと思われますが入手のタイミングがあり、今の時期になりました。本当は、6月頃に入手すれば外にそのまま出して順調に育成できるのでしょうが、ちと難しい様です。■皇帝蕉 (Kluai Khai)入手して2週間後にベランダ出し(3/19)、4/6に庭に出しましたが、やはり春の強い紫外線と、温度変化の激しさに、株は弱っています。しかし、最近はタバコ葉が伸びて... 続きを読む
  • 新芽を出し始めた、バナナ達を紹介します。時期を改めて、以下のリンク内容をアップデートする予定です。バナナ育成へのジャイアントステップ! 【H24年の春を振り返る】■Chineese Yellow (地湧金蓮)バナナんぼの庭で、唯一露地植え越冬しているバナナです。特になにも保護していなくとも、毎年仮茎は枯れずに春になると新葉を出してきます。今年は、3茎仕立てにする予定でしたが、庭が狭いため他のバナナの露地植え作業など... 続きを読む
  • 2013/5/12 Update今年の花合せ、うまくいきそうでダメなものもありました。さぁ、考察、考察【庭に水をまいていたら、出てきた青蛙】■梅の花合せ今年の「小梅」と「豊後」の開花日も、なんとか合わせる事ができました。梅の花合せ 成功しました (^^)/ (2013/3/7)しかし、今日それぞれの枝を観察すると「豊後」には全く実ができていない事が判りました。2013/5/12 修正1個だけ、実がついているのが確認できました。小梅... 続きを読む
  • 全てのバナナを外に出しました。・3月9日 耐寒性バナナ Sikimennsis ベランダ出し(外だし時期、検討用)・3月13日にベランダ出し(小苗)・3月23日に庭出し開始(大苗、中苗、小苗)・4月4日から露地植えを開始その後、春の大嵐などの強風や、5月中旬くらいの暖かい日、3月中旬の頃のような寒い日もあり若い葉は多くのダメージを受けながらも、新しい環境に順応すべく、タバコ葉を出てきた株がちらほら出てきました... 続きを読む

バナナんぼ

東関東の小さなベランダでバナナ育成の可能性を追求しています