• バナナの生長度合い検討する有効な方法として、1枚あたりの葉面積を出して、プロットするという手段がある。これは、葉身長測定グラフよりも正確な観察が出来ると思っています。そこでバナナ葉をカメラで撮影して、パソコンで画像認識させてバナナの葉面積を計算できる方法を確立しようと思っています。■葉面積を計算する簡単な考え方としては、①写真画像より、エッジ検出を掛けてバナナ葉の輪郭をとらえる②輪郭座標... 続きを読む
  • ここ最近の温度、雨、日照により急激にバナナは成長を開始したようです。株によっては、1週間に1枚のペースのものも少し出てきました。でも、まだまだバナナ達にとっては越冬後のデグレード回復期であって昨年の旺盛な頃を追い越すまでには、殆ど至っていません。そんな状況ですが、数種類が昨年の Max葉身長を超えて成長を開始しました。いわゆる、プラス成長期に入ったという事が言えると思います。そんなバナナをご紹介します... 続きを読む
  • タバコ葉を多く出すようになってきたバナナたち、最近は、株元も太く成長を始めたらしく、古くなった皮がはちきれているバナナを見るようになりました。さて、未だ休眠から打開していない大苗バナナ(ナムワ、オリノコ、アイスクリーム)のうち、ナムワから芽が出てきました。ナムワはこれですべて(大、中、小 各株)が休眠から成長期に移ったと思います。【今年初めての タバコ葉が出てきた ナムワ・バナナ(大苗)】【上から... 続きを読む
  • 春、いつバナナを外だししたらいいのか考えてみたいと思います。まずは、いくつかのデグレードしたバナナをご紹介します。これは、HiColorMini バナナ。矮性品種です。このバナナは、越冬時に一箇所ですごさずに、簡易温室で葉が黄色くなりその後2箇所の家の中の環境で、養生していました。いくつかの環境の変化のために、ストレスが大きかったのか結局、写真右のように、苗規模が小さくなってしまいました(手前の大きい葉は昨年... 続きを読む
  • 6月に入りましたすでに助走を始めたバナナたち。越冬のデグレード分をすでに取り戻した品種もありますが、多くが回復期であるバナナが多いです。そんな状況のバナナたちを、こちら関東よりお伝えします。■まだ眠っているバナナたち大苗は小苗より目覚めが遅いようですが、今年は遅すぎな感じがします。昨年の緑葉の劣化は少ないのですが、早い時期に外だしした事による根塊部のダメージが大きかったのでしょうか。なかなか目覚め... 続きを読む

バナナんぼ

東関東の小さなベランダでバナナ育成の可能性を追求しています