• 当地では矮性のフジの花が咲き始め、花ミズキも満開な季節となりました。多少早い開花です。暖かくなってきてバナナの葉が展開始めたものから、露地植えを開始しました。ラジャプリ バナナです。新しいタバコ葉が出てきましたので、鉢から出してみました。上部には、古くなった黒い根がありますが、下の方は新しい根が出ていますね。ふぅー。今年も無事に庭に帰還しました。前回のホゥートバナナ同様に、台風を考えて、フェンスの... 続きを読む
  • ソメイヨシノが終わり、八重桜の季節もそろそろ終わろうとしています。ベランダのバナナで生長が良いものは庭に出し始めました。全てのバナナ苗の点検が終わりましたので、昨年度(2013年)の越冬を振り返りたいと思います。2014/4/26 一部修正2014/6/2    一部修正2014/7/1  一部修正2015/3/17 一部追記■越冬結果(露地)最低気温(地面付近)は、2月7日の -3.9度(平均 -0.3度)でした。露地... 続きを読む
  • 今日は暖かな日和となっています。ベランダバナナを観察していると、いきなり Chinichampa バナナの仮茎が折れていました。参考ベランダバナナ緊急対策追加 2014/1/18仮茎を持って動かすと、根本がグニュグニュ動きます。上から順々にカットバックしてみる事にしました。おお~ 危険な状況!途中の仮茎の色は問題ないのですが。。根本のグラグラしているところを見てみるとこれは、もうアウトですね。この種はこれで、育成終了で... 続きを読む
  • ベランダや露地で越冬したバナナたち。比較個体数が少ないのでまだ確実な事はいえないのですが、同じ株規模で同じ品種の場合、ベランダと家内無加温の環境を比べると、新芽の出る時期は外のほうが早い感じがします。そうなると家で越冬するより、ベランダ。ベランダより露地の方が早い再生が期待できるかもしれません。ただし、耐寒性バナナ品種の選択と防寒対策が必要なのは言うまでもありませんが。以下、バナナんぼの所の動き出... 続きを読む
  • 新年度になりました。当地でも桜が咲き、暖かくなってきました。最低気温も10度を下回る事も殆どなくなり、あとは放射冷却現象による冷え込みだけになってきました。露地越冬バナナの様子を観察しましたので、報告します。写真右が、ホゥートバナナ、左が D.NamWah です。小さくて見えづらいですが、一番右下あたりに、Cheesemanii, Sikkimensis があります。ホゥートバナナです。タバコ葉の根本が緑色しています。最近の暖かさ... 続きを読む

バナナんぼ

東関東の小さなベランダでバナナ育成の可能性を追求しています