• イエロー ピタヤ(イエロー ドラゴンフルーツ)蕾が大きくなってきました。ここ数日の暖かさがありがたいです。■9月18日 発見当日既にアリが蜜を吸いに来ています。■現在 9月30日全体像はこんな感じ結構棘があり、針金で誘引しているのですが素手で作業すると手が傷だらけになるので注意が必要です。次の満月が、10月8日 19時50分頃の予定。その次が、11月7日の 朝 7時23分頃。開花はこの時でしょうか??... 続きを読む
  • 金木犀が香る季節になりました。ベランダと家で越冬するバナナ達は、全て鉢上げを完了しました。そして、今年も稲藁を入手し越冬準備を始めています。2014/10/03 加筆昨年は10月中旬までに、鉢上げを完了させましたが今年は、これからのプラス成長が見込めなく成ってきた事と、堀上ストレスの早期解消のためにさらに早く堀上げて、残りの暖かい日を前年より多くしてみようと思います。まずは、バナナんぼの庭の状況です。【庭(... 続きを読む
  • 急に寒くなった日が発生しました。9月21日の早朝に地面付近の最低気温が、なんと13.7度を記録しました。放射冷却現象だと思うのですが、これはきついですね。急にバナナ達の下葉が黄色くなってしまいました。特に耐寒性の弱いバナナを、最低気温が数度高いベランダへ移動しました。ベランダは、このときの最低気温が20.7度でしたので既に退避したバナナには幸いでした。【露地の地面付近の気温状況】気象庁の「東京」観... 続きを読む
  • なかなか蕾が出なくて、そろそろリストラしようかと思案していたこの頃なんと、蕾らしきものが今頃出てきました。このドラゴンは、イエロー種のため自家親和性との事なのでこの一個の蕾でも結実しそう。とりあえず、受粉した方が確実との事なので次回の満月の夜にがんばって受粉作業になるのか??開花後実が大きくなるまでに1ヶ月以上の月日が掛かるから、今期どうなるか不明。ドラゴンフルーツに詳しいかた、これは蕾でしょうか... 続きを読む
  • 吸芽が出ている株が幾つかありますがそろそろ切り離さないと、越冬に耐えられる程度の根張りが期待出来なくなる品種があるので、カットして鉢上げしました。まだ後でも切り離し出来る品種は、そのままにしてあります。■Appleバナナ関東では露地越冬できない品種なので、家に取り込んで越冬させます。親株に一番近い吸芽の株分けは、生長度合いにもよりますがなかなか根が着きにくいです。親株にほぼくっ付いて生長した吸芽ありゃり... 続きを読む
  • 秋虫が夕方から盛んに鳴く季節になってきました。朝も最低が20度くらい。寒くなりました。今年は、3株が良いタイミングで開花しましたが、そのうちの1株は実が2本しか出来なかったので、早急に株を切り倒して次世代の吸芽を育成中です。■Apple バナナ7月14日に初段の開花がいい条件(比較的早い時期)で始まったのですが葉数が少ないために、なかなか実が太りません。【結実した、 Apple バナナ】【なかなか実が太ってこ... 続きを読む
  • 一部のバナナ苗、鉢上げを開始しました。■日陰になった小株の鉢上げ8月は一気に生長の勢いが強まる季節。バナナの小苗、中苗が争いあって生長します。生長競争に勝てなかった苗は、日陰になってしまい生長が遅くなります。そのため堀上げ、鉢上げして日のあたる所に移動しました。【小さな株は日陰に 左:Ceylonバナナ 右:Mysole バナナ】【鉢上げした、Dwarf 台湾(2世株)バナナ】D.台湾バナナはウィルス班が出現し、生長が... 続きを読む
  • 各品種のデグレード日数をまとめました。デグレード日数が少ない品種ほど、育てやすいと言う事が言えると思います。(2014/09/30 加筆)※あくまでもバナナんぼの環境にてそうであったという事ですので、一般論ではありません。2013年のまとめは こちら今年は、なかなかデグレード期間から復帰できるバナナ品種が少ない状況です。越冬方法にも依存しますが、昨年度の冬は厳しかったと言う見方も出来そうです。昨年の最短デグレー... 続きを読む
  • 先日仮茎を地際でカットしたナムワ新たな吸芽が出てきました。カットして11日後に芽が1つだけ出てきました。この時期にこの大きさ(子どもの小指程度の大きさ)です。もう何本か吸芽が出てくるかもしれませんが、あまり大きくなる事は期待できません。10月頃に親株含めて鉢上げする事にして、来春に株を分けて育成する予定です。切り落とした実も写真では判りずらいですが、シマシマが出来ていました。... 続きを読む

バナナんぼ

東関東の小さなベランダでバナナ育成の可能性を追求しています