• 10月14日に家に初取り込みした新北蕉、20日に家に取り込んだ D.Orinoco の吸芽が、暖かさのため成長開始しました。■新北蕉ネットで台湾のバナナ品種は、「北蕉と仙人蕉」を紹介している記事が多いですが、ここ10年ずっと変化せずどうも「バカの一つ覚え」の様に感じてなりません。ネットの世界ですから、コピペして「参照、参照.....」として記事を書いているのが多いという事が逆に判ってしまいますね。もっと、現状を調... 続きを読む
  • 今年はアメリカ近くでエルニーニョ現象が著明だそうでそうすると、日本を含むアジアは逆に大雪やら強い寒波が来るかもしれません。今年度の露地やベランダ越冬バナナにとって、試練かもしれませんね。■極小株の取り込み について秋に掘り上げて成長がまったくしていない吸芽などは、ベランダに置いておいても、良い変化は期待できないので、早々に暖かい部屋に取り込みました。部屋の高い位置にバナナを置きましたので、今の季節... 続きを読む
  • 秋空が綺麗な時期になってきました。北海道では、雪虫が大発生したとか。こちらでは、最後の暖かさを惜しむように小さな虫たちが空にたくさん舞っていました。早めに家に移動した数鉢のバナナがありますが、殆どはベランダで養生中で鉢上げから1か月程経ちました。枯れの進行もほぼ止まり、残りの暖かさで僅かに伸びているものもあります。今回は光に当たった葉が綺麗なので、バナナギャラリーとして載せます。三角バナナと、Haja... 続きを読む
  • 10月9日に、新たに最低気温を記録しました。そろそろ、家に取り込むバナナに関して、検討が必要な時期になってきました。庭        12.7度ベランダ    15.7度気象庁発表  15.3度耐寒性が無いバナナや、今年入手した新しい種は耐寒性が不明なため、扱いを慎重にしなければなりません。現在、鉢上げしたすべてのバナナは、露地より3度程気温が高いベランダに置いて、鉢上げ後の養生中です。最近、明ら... 続きを読む

バナナんぼ

東関東の小さなベランダでバナナ育成の可能性を追求しています