• 露地植え複数本立ちを増やしている最中のバナナんぼです。複数本立ちにすると、越冬しやすくなるメリットもありますし、毎年コンスタントな開花結実も狙いやすくなります。株によっては、親株を追い越して大きくなるものあったり、兄弟吸芽では、後から出てきたものが成長を追い越したりといろいろとその家族の事情というものがありそうです。今回は、タイベジタブルバナナが面白いのでご紹介しましょう。■昨年秋に出来た吸芽の越... 続きを読む
  • ドワーフ・オリノコ 開花しました。♪だけど、ちっちぁいから おいしいバナナが食べられないよ。  残念ね、さっちゃん。1段目の花は3本。1本の実ですら、貧弱で収穫ならずでしょう。。まぁ収穫できなくても、お花見は出来ましたし、動画撮影は途中で1回、撮影角度を調整しましたけど今の所順調そうです。あと何段か開花が見られればそこで撮影を終了して、株元をバッサリカットして、急いで次の吸芽を出してもらおう。-----... 続きを読む
  • コショウの最近をレポートします。さぁ、今年はコショウの実をゲットできるでしょうか!!■コショウ (Piper nigrum)収納ケース温室にコショウの挿し木を設置して、52日が経過しました。「収納ケース温室」で、気温と湿度をキープしながら育成中です。だいぶ芽が大きくなってきました。  僅かながら成長が確認できます。これなら根付きそうです。中苗コショウは今、こんな感じです。朝夕に必ず、葉水を与えています。現地で... 続きを読む
  • いよいよ、ドワーフオリノコが開花します。手のひらサイズです(泣)... 続きを読む
  • いままで頑張って冬を越してくれた Dwarf Orinoco が開花準備に入りました。しかし。。。しかーし、カットバックもされこんな小さい状態での開花になりそうです。この株は、2010年の春に入手した株で、2013年、2014年と大きく成長しましたが、その後成長が緩慢になってしまい、今に至っています。【2014年9月 成長が著しかった時期】付近を拡大してみますと、葉身長が極端に短くなっている事や、出現したばかりの、... 続きを読む
  • 越冬後いじけてなかなか復活できない株は、そろそろ見切りをつけて、株元からカットして新たな吸芽を出させようと思います。■Pisang Rajaこの株は新しい葉を出し始めてから、1ヵ月ほど変化がありません。昨年も成長が芳しくなかったので、一度株を更新しようと思います。■Dwarf Namwa(班入)初のベランダ越冬に成功したと思いました。その後の成長確認が出来たからです。しかし、それ以降全く成長が確認できず、カットバックも何... 続きを読む
  • ชะพลู(チャプルー) と呼ばれる、ハイゴショウ(這胡椒)が大きくなってきました。食材を生葉を包んで食べたり、乾燥させてハーブティーに使ったりされるようです。コショウ科Piper sarmentosum参考島コショウ【ピィパーズ】分げつで増えるほかに、このように「ほふく茎」を伸ばして、遠くへ広がります。海外文献では、最低5度くらい耐えられるとの事で、株分けしてベランダ越冬と、家での越冬で... 続きを読む

バナナんぼ

東関東の小さなベランダでバナナ育成の可能性を追求しています