• 今年度の露地越冬バナナをご紹介します。既に昨年度実績のあるバナナがほとんどになります。チャレンジする株は次世代株、Cal. Gold、Krea バナナとなります。■Krea耐寒性が無い品種ですが、保険株があるので根塊だけでも越冬できるか実験してみます。■Namwa(1)ベランダ越冬→路地越冬昨年度の露地越冬で2株構成のうちの1本が枯れてしまい、生き残った株に新たな水芽が発生しました。現在では、水芽の方が親株より大きくなりつ... 続きを読む
  • バナナを移植や鉢上げする際に、葉を数枚カットしたり、葉の半分を切ってから鉢上げする方が良いとネットやブログに投稿されています。本当なのでしょうか。今回は、バナナんぼの考えを載せようと思います。■葉をカットすると沢山水滴が出てきます。経験された方なら、ご理解頂けると思うのですが葉柄をカットした直後は勢い良く水滴が出てきます。バナナ株から沢山の水分が出て行った後で、鉢上げするということは、もともと株が... 続きを読む
  • 先週襲った台風18号、地域によってはバナナに大きな被害が出たようですね。家もそうでした。一番肝心な、実を付けたバナナ株が完全に倒れてしまい、バナナを起こして紐で一方向のみ固定したのですが、次の朝見ると反対側に倒れていました。おかげで、倒れた先のバナナに直撃!!【大株が倒れて直撃を受けて折れた Namwa 2017/9/19 】仕方ないので、折れたところはカットしました。【折れた仮茎をカットしました】しかし、4日後... 続きを読む
  • 関東直撃しないから、安心していた。台風18号、やられました。18日の朝方、強風の音が早朝から聞こえていましたが。ま、いっか。朝の5時に見てみると。!!完全に倒れているバナナが!!!暴風対策で、数本の大株には紐で引っ張っていたのですが、それもむなしく切れていました。ビニ紐は弱いですね。今後考えます。で、倒れていた株はなんと結実株。仮茎が折れたわけではなく、地際で根塊の上部が折れた?のかもしれません。... 続きを読む
  • 今年度はベランダ越冬の結果で生き残れなかった種を大きくリストラしました。昨日、9/16に鉢上げすべきバナナ全ての作業が完了しました。これから、1週間ほどの養生をしながら今後の越冬計画を考えます。■Rose (玫瑰蕉/皇后蕉)家内越冬する予定です。昨年度のベランダ越冬で耐寒性が無いことが判っています。台湾から輸入した思い入れ品種のため、出来れば結実するまではなんとか生かしたいです。・2015年春 台湾より輸... 続きを読む
  • 週間予報では、まだまだ暑い日が続くのですが最低気温が20度を下回る日が出始めましたので、子株で成長が芳しくないものから、鉢上げを開始しました。【左から Namwa Dam.、ジャトロファ、班入りナムワ】日陰に退避して養生させます。【左から Pisang Raja、班入りナムワ、Namwa Dam】1週間ほど様子を見て、葉水が出るようになったら庭に戻す予定です。これらの子苗レベルでは家に取り込んでも、我が家の環境では越冬が難しい... 続きを読む
  • 今年露地で開花結実した、Thai Vegetable (Namwa) バナナを試食しました。結実したけど、まさかの実枯れ。初めて関東の地でストレスに悩まされながらの結実なのでしかたありませんね。過去を振り返ります。■2017年6月20日順調に成長していました。■2017年7月20日なぜか、実が枯れてきました。この時期はか細い実がだんだん充実して太ってくる頃なので、枯れるはずはありません。■2017年7月29日果軸が枯れてきましたので、これ以上... 続きを読む
  • 前回ご紹介した、仮茎に大きな穴が開いた Dhusre バナナ今後の進展を考えます。あれから、根を食外する昆虫などを調べましたがなかなか、合致する症状がなく原因を特定することができませんでした。穴の出口に、ミミズなどが土表面に排出する、団粒構造の土が多く見られるのでなんらかの虫が何らかの腐敗した箇所を食害したものと考えています。バナナゾウムシに見られる、仮茎の小さな穴や、穴から流れ出る透き通った粘液は発見で... 続きを読む
  • 最低気温が20度を下回る日が出てきましたので、コショウをベランダに移動しました。今年はだいぶ蔓が延びました。これから気温が下がりますので、あまり伸びなくなる今のタイミングでリング支柱にしっかりとツルを固定しました。これからは、最高気温/最低気温 を見ながらラップ保護をして家に取り込む予定です。... 続きを読む

バナナんぼ

東関東の小さなベランダでバナナ育成の可能性を追求しています