• コショウ科の植物に興味を持っているバナナんぼ。沖縄のヒハツモドキやハイゴショウという植物を過去育てました。#2018.07.27 写真追加その後「モドキ」という名前が付いているので、正真正銘の「ヒハツ」を探していました。先日、ヤフオクで「ヒハツ」苗が出品されていたので落札しましたが、どうも葉の特徴がハイゴショウそっくりなのです。ベトナム野菜に詳しい、エレキさんに相談すると「ラロットにそっくり」という情報を頂き... 続きを読む
  • 知らないうちに関東は梅雨明けだそうでしっかりと予測できないものなのでしょうかね。今回の梅雨は短い為、長霧雨による梅雨パワーを期待していたのですが、それによる復活株はありませんでした。さて、タイ国と、マレーシアから輸入した株はどうなったでしょうか。そしてなんと、露地越冬バナナでもう一株復活が確認できましたので報告します!こちらは、いわゆる「アイスクリームバナナ」です。これからようやく、葉を出しそうな... 続きを読む
  • 以前に台風対策で、バナナ株に支えを固定していたのですが、とんでもない事が起きてしまいました。関連記事:2018年 夏 バナナ台風対策【簡易版】 2018/06/09このバナナなんですが、台風対策のために支柱と仮茎を紐で強く縛っていたのです。(写真は、紐を外した状態です)問題の部位を拡大してみます。オーノー!!支柱の下から、仮茎を割って新しい芽が出ようとしています。いわゆる、ブレーキング現象です(涙)。新しい芽が仮... 続きを読む
  • 梅雨の長雨のおかげで、コショウ属はのびのびと生長し一部の種では穂が出てきました。■コショウこちらは、まだ若木のためか穂は今だかつて出てきません。そろそろ出て欲しいな~。■矮性コショウ(流通名:ドワーフ・グリーン・ペッパー)新葉が沢山出始めています。昨年よりも若干遅れて穂が出てきました。■ヒハツモドキ環境が良いのか、今年は穂が出てきました。■ヒハツ  ハイゴショウ 2018/06/30修正茎が伸びてきましたので、... 続きを読む
  • 今回は謎の多い Pertorican Banana について記事を書こうと思います。ヤフオク等で入手出来る Dwarf Puertorican バナナは、先駆的に、珍しいバナナを輸入された大先輩のチョロ氏の功績と言って過言では無いでしょう。日本で歴史のスタートは彼の輸入から始まったと言って良いと思います。Dwarf Puertorican で検索すると、多くの海外販売業業者は上の写真の画像の出所元(bananas.org "flying dutchman"氏の投稿画像)... 続きを読む
  • ツルイランイランの花が色づきました。過去ブログ: 2018/05/04 ついに蕾! ツルイランイラン【5月22日の様子。左上はすでに花びらが落ちた後】【5月25日】【5月26日】可愛らしい花ですね。しかし、イランイランの様な強い芳香は無く、私には無臭に感じました。特に受粉は自然に任せていましたが、うまくいかなかった様で丸い特色ある実はできませんでした。... 続きを読む
  • 台風5号がやってきます。予報では、関東をかすめそうです。強風が予想されるので、台風対策を行いました。未だ小苗なので強風の影響で仮茎が折れたりする事は無いと思いますが、突風が来ると仮茎が根こそぎ倒れる事もありえます。特に、バナナんぼの環境ではマンション風があり、一方方向に強く吹く傾向がありますので、写真の様に一方方向のみの対策でなんとかなります。写真前方に青いシートが見えます。これは、防風ネットです... 続きを読む
  • 野菜の状況です。■ソラマメ今年も美味しく収穫できました。早稲で大きく育った鞘だけ、来年の種用にしました。 ■ブラッククミン昨年栽培して出来た種を全て撒きました。今年はある程度の種が収穫できると思いますので、若干種を食用にできそうです。中央にそびえている芽は、コンニャクです。■バジルGW前に種を撒きました。スィートバジルは芽が込み合ってきましたので、根を傷めないように小さな挟みで小さい苗の茎をカットして... 続きを読む
  • ebay を使って、マレーシアからバナナ苗を輸入しました。この国からの輸入は初めてです。良い勉強になりました。輸入した苗は、既にヤフオクでも入手可能となった、Rhinohorn(AAB) というホーンバナナ系のプランテンです。品質が不明なので、2株購入しました。5月14夜に、購入クリックして約3週間かかりました。Economy Shipping とう輸送方法を採りました。航空便なのですが、コストを安くするため同じ目的地(日本)に送... 続きを読む
  • 昨年度の寒さはバナナにとって半端じゃなかったです。毎年越冬が成功している所でも、無保護露地越冬失敗の報告が挙がっています。関東のバナナんぼの所では、全滅かと思っていたバナナのうち、1株だけが生き残り、他の株からは水芽が出始めました。今回は露地越冬バナナと、家内越冬で復活したバナナをご紹介します。こちらは、唯一無保護露地越冬で仮茎が生きていた三角バナナ株です。ようやくここまで伸びてきました。未だ奇形... 続きを読む

バナナんぼ

東関東の小さなベランダでバナナ育成の可能性を追求しています